腸内環境の改善をできるだけ早くしたほうが良い理由とは?

腸内環境のケアはできるだけ早めが肝心!


腸内環境が乱れていると、「便秘」「下痢」「アレルギー」「体臭や口臭」「トイレの後が臭う」といった様々な悩みが起きてしまいます。腸のトラブルは全身の健康に関わってくるほど、とても重要な問題なのです。まだ大丈夫!と思っていると、突然思わぬ不調に見舞われてしまうかもしれません。「気付いたときにすぐ対処する」「日々の生活でこつこつケアする」など、大げさと思えるくらいのケアが大事です!


腸のトラブルはできるだけ早めの対策が不可欠なんです!




なぜ、腸のトラブルは全身に不調をもたらしてしまうの?


大腸内では善玉菌と悪玉菌がせめぎ合っています。しかし、便秘などの腸トラブルが発生すると、腸内の腐敗が進み悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌が増えると有害物質が発生し、それが血液を巡って全身に行き渡ってしまいます。なので、全身に様々な不調をもたらしてしまうのです!

腸内環境の乱れが身体全体に不調をもたらすプロセス
年を重ねると、大腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増える
便秘や下痢を引き起こし、ストレスなどで腸内環境が悪化
悪玉菌から作られる有害物質が全身に巡る
感染症・老化・肌荒れなどの不調に見舞われる


免疫力が低下するとガンなどにかかりやすい身体になってしまうことも・・・



腸内環境を改善するにはヨーグルトではダメ!必要なのは・・・

重要なのは生きたビフィズス菌を増やすこと!


腸内環境の改善といえば、「快便な状態をキープできればいいの?」と思われるかもしれません。でも本当に大切なのは大腸内の善玉菌を増やすこと。その善玉菌の99.9%がビフィズス菌なので、ビフィズス菌を増やすことが大切なんです。善玉菌は年齢とともに減少していきますから、年をとるたびに積極的にビフィズス菌を摂取する必要があります。快便だからといって、ビフィズス菌をとらなくても良いということになならないのです!


加齢とともにビフィズス菌は減少するので、快便でも摂取することが大事!


ただ単にビフィズス菌を摂取すれば良いというわけではありません。大事なのは生きた状態で大腸まで届けるということ。ビフィズス菌といえばヨーグルトなどの乳製品を思いつくかもしれませんが、これらに含まれるビフィズス菌は胃酸や小腸の胆汁でほとんどが死滅してしまいます。つまり、大腸まで届かないことがほとんどなのです。なので、大腸までしっかりと届くように加工されたビフィズス菌サプリなどで摂取する必要があります。

大腸まで生きたビフィズス菌を届けるには、胃酸で死滅しないビフィズス菌が必要



腸内環境を改善するのはおすすめのサプリメントはこれ!

腸内環境の改善におすすめなのは「乳酸菌革命Super」

 人の体内に住むビフィズス菌(BB536)を配合
 胃酸や胆汁に負けず生きたまま大腸まで届く有胞子乳酸菌を採用
 加齢とともに減少するビフィズス菌(乳酸菌EC-12)を配合


ビフィズス菌サプリ「乳酸菌革命Super」は元々身体の中にある乳酸菌を生きた状態で大腸まで届けてくれるサプリメントです。ヨーグルトなど食品から摂取するのが難しいビフィズス菌をしっかりと大腸まで届けてくれるので、腸内環境を改善したい方にはぴったりのサプリメントです。


3種類のビフィズス菌と有胞子乳酸菌を配合しているのは「乳酸菌革命Super」だけ!